« お誕生会 | トップページ | 10月のそらまめっこたち・・・ »

お誕生会~牛乳のおはなし

このまえのお誕生会には、あのちびっ子たちのヒーローがやってきました。

Kyusyoku01

1才児のつくしさんたちも、知ってるお友だちは

アンパンマン!」と大喜びだったようです。

野菜が嫌いなお友だちも、「アンパンマンのほっぺ」とがんばってミニトマトを食べたんですよ。アンパンマンの顔を食べて、おいしく、元気になったかな?

Kyusyoku02_2

さてさておやつはブラン・マンジュ

「白いたべもの」という意味です。

もちろん食事スタッフによる手作りです。

牛乳プリンのようなおやつで、牛乳をたっぷり使います。

Kyusyoku04_2   

今日は、その牛乳の話を少し。

そらまめ保育園では、朝おやつのときと、お昼のおやつのときに子どもたちは牛乳を飲んでいます。

この牛乳は「パスチャライズド牛乳」。

72度15秒間殺菌方法で処理された牛乳です。

牛乳は栄養の宝庫です。子どもたちの成長に必要なカルシウムやたんぱく質などの栄養がたくさんはいっています。ところが、現在日本では主流の120~130度の高温殺菌だとこの大切な栄養が壊れてしまうのです。ぐらぐらに煮立たせるわけですから、たんぱく質だって変質してしまいます。

パスチャライズド製法では、栄養の変性も少なく、有害な菌だけを殺菌し、体に有用な菌は残します。それだけでなく、牛乳本来の風味も味わえる、とってもおいしい牛乳です。

この牛乳を、そらまめっこたちは保育園で毎日飲んでいます。

そらまめ保育園では牛乳だけでなくほかの食材に対しても、「子どもたちの体にはいって体をつくっていく食べもの」に、細心の注意を払っています。

さて次回はどの食材のお話になるか・・・お楽しみに♪

<<牛乳こぼれ話>>

このパスチャライズド牛乳は、おなかの中にはいると胃の中でチーズのように固まるんですよ。

レンネットという胃袋にある成分(酵素)を牛乳にいれてみるという実験では、高温殺菌牛乳では固まることがありませんでしたが、パスチャライズド牛乳はとろーりとヨーグルトのように・・・(レンネットは実際にチーズ作りに利用されていますし、そのとき利用する牛乳はパスチャライズド牛乳などの低温殺菌牛乳でないといけないそうです)。

おなかの中でチーズ状に固まった牛乳の栄養素がゆっくり吸収されるしくみになってます。本当の牛乳って、実は飲み物というより食べ物に近いのかも。おやつで摂る牛乳は、元気いっぱい活動して大きくなっていく子どもたちの大切な捕食として活躍しているんですね。

                       (F.K.)

« お誕生会 | トップページ | 10月のそらまめっこたち・・・ »

給食」カテゴリの記事

行事」カテゴリの記事

  • (2017.09.19)
  • (2017.07.31)
  • (2017.07.18)
  • (2017.06.30)
  • (2017.06.15)

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537163/46360773

この記事へのトラックバック一覧です: お誕生会~牛乳のおはなし:

« お誕生会 | トップページ | 10月のそらまめっこたち・・・ »